ドラマ『アンナチュラル』第5話ネタバレ感想。溺死事件の謎と明かされる中堂の過去!

アンナチュラル第5話

ドラマ『アンナチュラル』第5話についてレビューしていきます。

 

 

ドラマ『アンナチュラル』第5話のあらすじ

 

Unnatural Death #5 死の報復

坂本(飯尾和樹)が辞めたことで、人材不足となったUDI。そのため、しばらくの間、中堂(井浦新)はミコト(石原さとみ)が率いる三澄班のサポートをすることに。
そんなある日、鈴木巧(泉澤祐希)という人物が、UDIに溺死した妻の解剖を依頼しにやって来る。海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが、妻が自殺などするはずないという鈴木は、青森からはるばるUDIを訪ねてきたという。

早速、解剖に取り掛かるミコトたちだったが、葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。
なんと、鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだ遺体だったのだ。
つまり執刀医のミコトは、死体損壊罪という大罪を犯していたことに…。
遺体を盗んでまでUDIに解剖を依頼した鈴木の目的とは一体何なのか?

 

 

 

以下、ネタバレありの感想レビューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマ『アンナチュラル』第5話の感想

 

中堂と過去と「赤い金魚」

 

第4話に引き続き、第5話でさらに中堂の過去に踏み込みます。

中堂は自身の勤める大学病院に運ばれてきた恋人の他殺体を何も言わずに解剖したため、警察から疑いをかけられ誤認逮捕されていました。

さらに、中堂は恋人の死が連続殺人だと疑い、恋人である麹谷雪子と同じ特徴(赤い金魚=口内にある赤い金魚のような印)を持つ遺体を探すためにUDIで働いていることも明かされます。

 

溺死遺体の死の真相

 

第5話でメインとなるのは、溺死した遺体の死因究明。

警察は自殺と判断しますが、依頼主は妻の自殺を疑いUDIへ依頼します。

 

依頼主が遺体を無断で葬儀場から盗み出しUDIへ持ち込んだことが発覚したためすぐに返却された遺体でしたが、中堂は取り出した肺を遺体に戻さず検査を行います。

「今調べなければ、永遠に答えの出ない問いに一生向き合い続けなければならない。そういうやつを一人でも減らすのが法医学の仕事なんじゃないのか」

というセリフから、中堂が恋人を亡くした依頼主に自身の姿を重ね合わせ、死の真相を知りたいという依頼主を救いたいために起こした行動なのだと予測できます。

中堂ははじめてミコトに協力を請い、六郎や東海林も含め、死因究明のために奔走します。

 

中堂は被害者の入水地点と発見地点に目をつけます。

調査の結果、被害者が発見地点で死亡したことがわかります。

さらに警察から提出された死亡時画像診断から、顔面から冷水に飛び込んだショックで気を失ったことによる溺死であると発覚します。

被害者は、落ちてすぐに気を失ったため入水地点から発見地点まで泳げるはずがない。

つまり、発見地点で落ちて発見地点で死んだ、というのが真相だったのです。

依頼主は恋人を殺した犯人に辿り着きます。

いや、中堂が犯人へと導いたと言ったほうが正しいかもしれません。

 

「遺族が永遠の問いに区切りをつけて未来を向き、これからの人生を考えられるようにしたい」というミコトの行動原理とは違い

「真犯人を見つけ出し、復讐を促すことで永遠の問いに区切りをつけさせる」ことこそが、中堂の行動原理だったのです。

 

依頼主は被害者の葬儀に乗り込み、犯人を刺します。

「まだ間に合う」というミコトの言葉も無情に依頼主は一線を超えてしまいます。

刺された犯人は一命こそ取り留めますが、刺した依頼主の青年の未来はきっと明るいものではないでしょう。

 

中堂の過去と溺死事件を重ね合わせ、ミコトを含めたUDIの面々とこれまで一匹狼のように描かれていた中堂の連帯感を強めるような演出。

視聴者は完全に中堂に感情移入した状態になります。

 

それをフリにし、中堂の真意が衝撃的な展開によって語られるラストには完全に意表を突かれました。

 

 

『アンナチュラル』最大のテーマである「不条理な死」。

「不条理な死」と向き合うための1つの解答が「復讐」であり、その象徴として中堂というキャラクターが配置されています。

 

 

第5話では、「過去の不条理な死に囚われ続ける中堂」「不条理な死に負けず前を向こうとするミコト」の対比がくっきりと描かれました。

「殺すやつは殺される覚悟をするべきだ」というセリフにも「不条理な死」への中堂の向き合う姿勢が如実に表されています。

 

 

 

ドラマ『アンナチュラル』第5話のまとめ

 

「不条理な死」は「復讐」によって救済されるのか。

シリーズ全体のテーマにも深く切り込み、今後の展開に関わるシリーズ上非常に重要な役割を持つ第5話でした。

 

さて、次は第6話のレビューです。