ドラマ『アンナチュラル』第6話ネタバレ感想。東海林が殺人の容疑者?

アンナチュラル第6話

ドラマ『アンナチュラル』第6話についてレビューしていきます。

 

 

ドラマ『アンナチュラル』第6話のあらすじ

 

Unnatural Death #6 友達じゃない

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ます。
隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた…!!
混乱した東海林は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出す。ミコトが詳しい状況を聞こうとするも、東海林は店を出た後の記憶がまったくないという。
そんな中、ミコトは権田原の遺体を見てあることに気づく…。

一方UDIでは、中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が道端で突然死した男性の解剖を行っていた。
偶然にも、その男性と権田原の意外なつながりが判明。
警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、容疑者として疑われているのは東海林だった…。
中堂は『警察の任意同行に応じると殺人犯にされる』と東海林に逃げるよう促す。

ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。

 

 

以下、ネタバレありの感想レビューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマ『アンナチュラル』第6話の感想

第5話で中堂の陰の核心に迫るような命題が提示され、一気に「赤い金魚」事件やドラマ全体のテーマへ舵を切っていくのかと思いましたが意外にも、箸休め的な回でしたね。

そう。第6話は、みんな大好き東海林さん回なのです!!!

 

医療ドラマで、「主要キャラクターが病気(大ケガ)を負って、命の危機に晒される」

刑事ドラマで、「主要キャラクターが事件の容疑者(被害者)になる」

という展開はもはや「あるある」を通り越して、「様式美」とも言えるかもしれません。

主要キャラクターを事件の当事者にすることで、事件の主観性が増し、臨場感・緊張感がグッと高まるためよく用いられる手法ですね。

 

この第6話では、『アンナチュラル』におけるコメディ・リリーフ的存在である東海林が変死事件に巻き込まれ、事件の容疑者とされてしまいます。

 

連続窒息死事件の真相

 

通っている高級ジムのパーティで突如眠気に襲われた東海林ですが、目を覚ますとホテルのベッドの上で前日のパーティに一緒にいた男が死んでいました。

さらに展開は東海林の知人のジム会員が立て続けに亡くなる連続窒息死事件へと様相が変わってきます。

死んだ2人に共通するのは、ジムが配布していた健康管理のためのバイタルセンサーを付けており、手首と両耳に発赤があることでした。

 

そういう設定が先にあってそれを第6話のエピソードに使ったのか、第6話のエピソードで使うためにあらかじめ設定を小出しにしておいたのかは分かりませんが、東海林が異性間交流会にたびたび参加していることや、月会費5万円の高級ジムに通っているなどの設定が活かされるというのはとても巧いですね。

どうしてもその話限りの取って付けたような設定というのはありがちで、こういう小さな設定の活用だけを見ても『アンナチュラル』丁寧な作りをしているということが伺えます。

 

警察は毒殺を疑っており、薬毒物の専門家である東海林が容疑者として疑われることになります。

ミコトとUDIの面々は、東海林の容疑を晴らすため死因の究明に奔走します。

 

死んだ2人の仲間でもあり、バイタルセンサーを開発した岩永の会社からデータを持ち出した東海林とミコト。

バイタルデータの体内変化から、死の直前に異常な心拍数の上昇が起こったことが分かります。

 

また、中堂の調査から2人が付けていた端末のみ電流を流すための改造が施されていたことが分かります。

電流を流し神経を麻痺させることで横隔膜の動きが停止し呼吸不全に陥る。

2人の直接の死因が「感電によって引き起こされた窒息」だと判明します。

 

さらに、宍戸の情報から死んだ2人が仮想通貨詐欺事件のメンバーであり、大金を得ていることが発覚します。

そして、端末を改造できるのは唯一人。

開発会社の社長である岩永です。

岩永は大金を独り占めするために詐欺仲間の殺害を企てたのでした。

 

 

第6話はクライマックスのカーアクションも見どころです。

この場面では葬儀屋の木林が大活躍します。

木林の掴みどころのないキャラクター性は『アンナチュラル』の魅力の一つです。

ストーリーに緊張と緩和の両方を与えてくれるミステリアスで変幻自在のキャラクターですね。

 

「友達じゃない。ただの同僚」というセリフの意味

 

第6話は何と言っても事件を通した東海林とミコトの関係性が注目点です。

 

中盤の「友達じゃない。ただの同僚」というセリフ。

自分のことをあまり話そうとしないミコトに対して、当て付けのように吐いた東海林。

意地を張り、ムキになってしまうミコト。

 

そして事件が解決した後、このセリフを反復させます。

しかし、その意味は180°変わって受け取ることができます。

 

これを最後に「私たちやっぱり親友だよね。ミコトありがとう」なんてストレートに東海林に言わせてしまったらそれこそ台無しで興醒めなわけですが、もちろん『アンナチュラル』でそんな無粋なことはしません。

同じセリフを反復させながらも意味を反転させる。さりげないですが、2つのセリフのタイミングや持っていき方も含めて巧さが光りました。

 

また、第6話の主体は事件に巻き込まれる東海林ですが、シリーズ全体を考えればこのセリフはむしろミコトに影響してきます。

実の家族を失い周囲の人間に本当の意味で心を開くことができない(第1話で婚約者と別れる原因になるほど)ミコトにとって、本当に帰れる場所はあるのか。

第7話以降のエピソードでも取り上げられる主題の1つです。

 

法医学者という仕事に使命感を見出しているミコトにとっては、やはり仕事仲間という存在こそが意味を持ってきます。

東海林を始めとするUDIの仲間たちは、ミコトにとってかけがえのない存在へと変化していっているのではないでしょうか。

なぜなら彼らはミコトにとってただの「友達」ではなく、唯一法医学の意義や使命を共有できる「同僚」なのだから。

 

 

 

ドラマ『アンナチュラル』第6話のまとめ

 

東海林が巻き込まれた事件を通して結束を強めたUDI。

さらに第6話ラストで、フリージャーナリストの宍戸がUDIに告発文を貼った犯人であることも分かります。

 

さて、次は第7話のレビューです。